融資を引き出す秘訣

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

「融資が苦手なんですよね」
「なかなか思うようにいかないです」

スカイプ相談をやっていて
こんな話を聞くことがあります。

それも結構な頻度で聞くんで、
やっぱり皆さん
融資付けが苦手なんだなと感じます。

 

今はセミナーでも、
融資付けセミナーとかありますし、
業者さんからも
融資のアレンジします的な話が
多いですよね。

私がスカイプで
相談させて頂いた方以外にも、
全体として融資付けが苦手な方が
多い証拠だと思います。

 

それで
そんなセミナーでは、
不動産投資に積極的な銀行さんを
教えてもらえたりすると思いますが。

そこで教えて
もらった銀行さんが、
全ての人に対して
積極的な訳じゃ無いし。

全ての人がそこで借りた方が
良いとも限らないんで
注意が必要です。

 

どういうことか、というと。

不動産を
買うって事だけに
フォーカスした場合は、
積極的な銀行さんを使うのは
合っていると思いますが。

継続的に買うとか
投資規模を拡大しながら買う
と言った場合は、
必ずしも合っていないと言う事です。

 

ですから、
その銀行さんから
借りてしまうと、
継続的に買い続ける事が
難しくなったり。

投資規模を拡大したいのなら
使ってはいけない
場合もあるんです。

 

ここを
しっかりと理解した上で、
どのタイミングでどの銀行を
使っていくのかを考えないと、
結局は融資に
行き詰まってしまいます。

特に、
誰かに融資を
アレンジして貰おうと考えると
このリスクは高まります。

融資付けが
苦手な人ほど、
気を付けないと
いけないんですね。

 

で、じゃあどうやったら
融資を付けられるのかと言うと。

投資家側が
銀行の特徴や考え方を理解して、
自分で使う順番とか
持ち込む物件を選ぶんです。

そうすれば
継続的に買い進めていけますし、
投資規模の拡大も
スムーズにいくはずです。

 

でも、

「それが出来れば苦労しないよー」

って思う人も多いと思います(汗)

 

ですが、逆に言うと
自分で融資付けができない時点で、
良い物件も買えないんですね。

まずは
自分で融資付けするのが
基本なんだと言う事を
理解して下さい。

 

そして、
自分で融資付けするには
何が必要で、どんな知識が無いと
いけないのかを、
しっかり調べる事が大切です。

○○銀行に行けばとか、
××銀行に行けば
融資して貰えるなんて事を聞いても、
それが答えじゃないんで
そこは区別が必要ですよね。

 

継続的に買い進めたり、
投資規模の拡大を
図っていくためには、
融資を自分で
引き出さなければいけません。

どうすれば
そうなれるのか、
しっかりと考えて
いきたいですよね。

だって、
買う事だけにフォーカスして
借り入れする訳じゃないですから。

 

 

それでは。

 

 

 

融資を依頼する時は
注意しなくちゃな!
って思った方は、
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑