決算書から投資戦略を考える

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

育児の合間に
今日もブログ更新です。

生活リズムが
メチャクチャですが、
何とか頑張ってます、、、。

それでも
子供が良く寝てくれますので、
だいぶ助かってますねー(汗)

 

さて、昨日は
決算書の内容をイメージして、
物件を選定する話をしました。

きょうはその続きです。

 

決算書と言えば、
1年間のその事業の
成績表みたいなモノですよね。

1年間の成績表ですから、
当然作るのに1年間かかる訳です。

まー当たり前ですが(笑)

 

でも、
その当たり前がクセモノで、
1年間かけて作る成績表ですから
少しでもミスしたら
その1年間が全て無駄になっちゃうんです。

勿体ないですよね。

 

勿体ないというよりは、
取り返しがつかないと言った方が
正確かもしれません。

だって
その時間を取り戻すのに、
もう1年間待たないといけない訳ですから。

 

それで、
賃貸業の実績を作るのって
通常は3期分(3期連続)の黒字の実績が
必要になります。

ですから、
最低でも3年かかりますし、
1期目が赤字の場合は
最短でも4年かかります。

 

という事は、
最初から数年後を見据えて
購入する物件や購入するペースを
考えておかないと、
3期連続の黒字は達成できない
って事なんです。

 

どう言う事かと言うと。

最初から
空室の多い物件を買っちゃうと
1期目からの黒字は出来ないし。

仮に1期目が
黒字だとしても、
2期目、3期目に物件を買い過ぎると
赤字になります。

さらには、
買い進めていくと
節税したくなり、
結局赤字にしちゃったりします。

 

こんな事にならない様に、
1棟目から買う物件を選んだり、
2期目、3期目の購入スピードを調節し、
投資戦略を整えていく必要があるんです。

先をしっかりと見据えて、
逆算しながら物件を購入していくから、
狙い通りに3期連続の黒字になる訳です。

行き当たりばったりに
購入してしまうと、
長期的にみて投資スピードとしては
マイナスなんじゃないかと思います。

 

大切なのは、

 

賃貸業の実績を作るには時間がかかる。

 

という事を
しっかりと理解する事だと
思います。

 

これを
しっかりと理解していれば、
購入する物件や規模、
スピード感なんかは調整できるし。

簡単に言っちゃえば、
時間をかけるのも投資戦略な訳ですよね。

 

物件を買うだけの戦略なら
いくらでもあります。

 

でも、
継続的に買い続ける、
難易度の高い物件も買っていくとなると、
本質を理解した戦略を組まないと
成長が止まってしまいます。

 

どうせなら
ただ買うだけじゃ無くて、
ちゃんと考えて
買い進めていきたいじゃないですか。

そのためには
決算書も戦略的に作っていく事が
大切なんだと思います。

 

 

それでは。

 

 

やっぱり決算書は大切なんだ!
と思う方はポチッとお願いします!

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑